湘南コンタクトレンズ 神奈川県 湘南にあるコンタクトレンズ 通販 専門店
1日コンタクト 1週間コンタクト 2週間コンタクト 乱視用1日コンタクト> 乱視2週間コンタクト カラコン ケア用品 FAX注文

商品名で検索

処方箋(証明書)について

 

【当店指定眼科で検査を受けている方以外はお読み下さい。】

 

●ご注文の手順

 

  1. 「処方箋」又は、これに代わる「証明書」の原本と「注文書」を同時にご提出下さい。(処方箋・証明書は、

    発行元へ確認する場合があります。)

    ※ FAX (046-870-6863) あるいはメールでお送りいただいても結構です。

    (内容を当店より医療機関へ確認をさせていただく事がございます。)

    ※ 郵送でのご提出:〒249-0007神奈川県逗子市逗子5-11-2 湘南コンタクトレンズ 処方箋受付け係

  2. ご提出いただいた「処方箋」「証明書」「注文書」の内容を当店にて、チェックの上メールにて配送予定日をご連絡いたします。



●処方箋又は証明書について

 

  1. 処方眼科医院名、医師名の印鑑又はサインがあること
  2. 有効期限内であること
  3. 商品名規格が明記されていること
  4. その他、特に作為が見られず危険と認められないこと


●ご注文時にお気をつけ下さい

  1. 「処方箋」又は「証明書」と「注文書」は、同時にお送りください。別々にご提出されますと確認が遅れる事がありますので
    ご協力をお願いいたします。
  2. 「処方箋」又は「証明書」と「注文書」のご提出から、入金の確認までの期間を1週間としております。1ヶ月以上経った
  3. ご注文につきましては 自動的にキャンセル扱いとなりますのでご注意ください。



【なぜコンタクトレンズの処方が必要なのか?】

 当店は、厚生省が推進する医販分業(医療=診療、検査、処方と、販売=コンタクト、薬剤、その他医療機器の販売を分離。

コンタクトレンズの販売が診療所の利益に直結しない)形式を遵守しております。



●この形態による消費者の方の利点は

  1. 特定のメーカーや高額な商品を押し売りされない。
  2. 純粋にご自身の目と使用方法に合ったコンタクトの処方とアドバイスが得られる。
  3. 眼科の主治医を持ちながら、自由に希望する(価格、サービス、利便性を考慮し)コンタクトレンズや眼鏡店を 選択できる。

    医療面での責任が明確であるため、一般的に医療水準と設備に安心できる。
    このような利点があります。

 ところが、コンタクトレンズは医療機器であり、ご自身の目に合ったコンタクトレンズを 

専門家により中立的に選択・アドバイスすることが望ましいものですが、眼科専門医不在の

量販店(多くは非眼科医師のアルバイト)での購入や、医師の処方がないままインターネット等で購入される方に、

角膜障害など医療事故の報告も多数あり、トラブルが増加しております。

 コンタクトレンズは目に直接ふれる矯正用具であるため、製品の粗悪さ、適切でないフィッティング、レンズの

管理不良といった問題が あると、最悪の場合、恒久的な視力障害を来たします。従って、コンタクトレンズの処方や

装用指導を眼科医の管理下に 行う必要が あるのです。

 近年、米国では、処方箋や装用指導なしにカラーコンタクトレンズが販売された結果、多くのトラブルが発生し、

この中には角膜感染症で失明状態となり、角膜移植が必要となった症例も含まれていました。

報告例の多くは中高校生などの若年者であり、 コンビニエンスストアやビーチショップなどで説明もなく購入し、

使用していたものでありました。このため、米国食品医薬品局(FDA)は2002年秋、インターネットを通じて

一般大衆に警告を発し、これを受けて処方箋なしでのコンタクトレンズ販売を禁止する 法案(FCLCA法)が米議会において

2003年2月に発効されました。特に、この規制対象には度数なしのカラーコンタクトレンズも含まれています。

以前より、米国ではインターネットを利用したコンタクトレンズの通信販売が増加し、適切な処方や指導なしでの 流通の

在り方が懸念されていましたが、この法案の成立によって、米国のコンタクトレンズ使用者が失明の危険性から

保護されるようになったことは、大いに評価されるべきであります。

 日本でも、通信販売やインターネット販売の普及により、眼科医の診察や指導下にないコンタクトレンズ販売が増加しつつあり、

同様のトラブルの発生が危惧されています。そこで、当店は米国と同様な販売をしていかなければいけないと、

販売店側の責任として捉えています。

 処方箋の元で販売することによって、コンタクトレンズ使用者の不適切なコンタクトレンズ選択や誤った使用方法、

定期検査や適切な レンズケア指導の欠如により、眼障害発生の危機にさらされるのを未然に防ぐことが大切だと考えています。

更に、使用者の安全を 守るために、すべてのコンタクトレンズについて、販売時の眼科医受診、あるいは眼科医により

発行された処方箋の提示を お願いしていることをご理解ください。